海外地震情報
平成21年09月30日02時48分頃 南太平洋 M8.3

・平成21年9月30日4時13分 気象庁発表
きょう30日02時48分ころ地震がありました。
震源地は、南太平洋(南緯15.3度、西経171.0度)で、地震の規模(マグニチュード)は8.3と推定されます。
日本への津波の有無については現在調査中です。
震源要素を訂正する。
震源は太平洋津波警報センター(PTWC)による。
詳しい震源の位置はサモア諸島です。
太平洋の広域に津波発生の可能性があります。
PTWCでは30日3時56分に津波情報を発表しています。
観測された各地の津波の高さは以下のとおりです。
サモア    アピア      0.7m
米領サモア  パゴパゴ     1.6m
情報第2号


・地震情報(地震の活動状況等に関する情報)
平成21年9月30日15時55分 気象庁発表

2009年9月30日02時48分頃に南太平洋で発生した地震について、
30日15時00分現在の概要を以下のとおりお知らせします。

*** 地震の概要 ***
発生日時:9月30日02時48分ころ(日本時間)
マグニチュード:8.3
場所および深さ:サモア諸島付近(南緯15.3°、西経171.0°)(震源・マグニチュードは太平洋津波警報センター(PTWC)による)
発震機構等:北東−南西方向に張力軸をもつ正断層型(気象庁CMT解)

*** 津波警報等の発表状況 ***

津波注意報:30日09時00分に発表した津波注意報は、30日15時0
0分に全て解除しました。

*** 国内の津波の観測状況 ***
 30日15時00分現在、八戸で0.1m、大船渡で0.1m、石巻市鮎
川で0.2m、伊豆大島岡田で微弱、三宅島阿古で0.1m、八丈島神湊で
0.1m、父島二見0.1m、室戸市室戸岬で微弱の津波を観測しました。

*** 海外の津波の観測状況 ***
 30日14時00分現在、パゴパゴで1.6m、アピアで0.7m、ラロ
トンガで0.5m、カフルイで0.4m、イースター島で0.3mなど、太
平洋の広い範囲で津波を観測しました。

*** 防災上の留意事項 ***
 北海道から九州の太平洋沿岸、南西諸島、伊豆・小笠原諸島では、今後も
、しばらくは現在と同程度の海面変動が続くと予想されますので、海岸での
作業や海のレジャーなどは十分注意してください。

 地震情報、津波情報等は最新の情報をご覧下さい。
 なお、現在発表している情報は気象庁ホームページで公表しております。
南太平洋