海外地震情報
平成22年02月27日15時34分頃 南米西部 M8.6
地震情報(震源・震度に関する情報)
平成22年2月27日17時32分 気象庁発表
きょう27日15時34分ころ地震がありました。
震源地は南米西部(南緯36.1度、西経72.6度)で、震源の深さは約60km、地震の規模(マグニチュード)は8.6と推定されます。
日本への津波の有無については現在調査中です。
震源要素を訂正する。
詳しい震源の位置はチリ中部沿岸です。
観測された各地の津波の高さは以下のとおりです。
国・地域名   検潮所名      津波の高さ
チリ      タルカワノ     1.2m
チリ      バルパライソ    1.3m  
太平洋の広域に津波発生の可能性があります。
PTWCでは27日16時45分に津波情報を発表しています。
一般的に、この規模の地震が海域の浅い領域で発生すると津波が発生することがあります。
震源及び検潮所の津波の高さは太平洋津波警報センター(PTWC)による。
情報第2号
南米西部




地震情報(地震の活動状況等に関する情報)
地震情報(震源・震度に関する情報)
平成22年2月27日21時0分 気象庁発表
きょう27日15時34分ころ地震がありました。
震源地は、南米西部(南緯36.1度、西経72.6度)で、地震の規模(マグニチュード)は8.6と推定されます。
日本への津波の有無については現在調査中です。
震源要素を訂正する。
詳しい震源の位置はチリ中部沿岸です。
観測された各地の津波の高さは以下のとおりです。
国・地域名   検潮所名      津波の高さ
チリ      タルカワノ     2.3m
チリ      バルパライソ    1.3m
チリ      コキンボ      1.3m
チリ      コラル       0.9m
チリ      アンクド      0.6m
チリ      アントファガスタ  0.5m
太平洋の広域に津波発生の可能性があります。
PTWCでは27日20時47分に津波情報を発表しています。
一般的に、この規模の地震が海域の浅い領域で発生すると津波が発生することがあります。
検潮所の津波の高さは太平洋津波警報センター(PTWC)による。
情報第3号

地震情報(地震の活動状況等に関する情報)
平成22年2月27日19時05分 気象庁発表
2010年2月27日15時34分頃にチリ中部沿岸で発生した地震について、27日16時44分現在の概要を以下のとおりお知らせします。
*** 地震の概要 ***
発生日時:2月27日15時34分頃
マグニチュード:8.6
場所および深さ:チリ中部沿岸(南緯36.1度、西経72.6度)、深さ約60km(震源は太平洋津波警報センター(PTWC)による)
発震機構等:東西方向に圧力軸を持つ逆断層型
*** 津波警報等の発表状況 ***
日本への津波の影響については現在調査中
*** 津波の観測状況 ***
国・地域名   検潮所名      津波の高さ
 チリ     タルカワノ     1.2m
 チリ     バルパライソ    1.3m
*** 防災上の留意事項 ***
 日本への津波の影響は現在調査中です。今後発表される情報に注意してください。
*** 今回の地震の震央付近で過去に発生した地震による津波 ***
 1960年 5月23日  Mw9.5   太平洋沿岸で1m〜4m程

 1985年 3月 4日  Mw7.9   18cm(八丈島)
 1995年 7月30日  Mw8.0   29cm(八戸)
 2001年 6月24日  Mw8.4   28cm(根室市花咲)
 2007年 8月16日  Mw8.0   15cm(根室市花咲、八
戸、宮古、石垣島石垣港)
 地震情報、津波情報等は最新の情報をご覧下さい。
 なお、現在発表している情報は気象庁ホームページで公表しております。
http://www.jma.go.jp/jp/quake/20100227190500387-010900.html

津波到達なら、28日午後以降=2時間前には警報・注意報−気象庁
2月27日19時12分配信 時事通信
 チリ中部沿岸で起きた大地震で、気象庁の関田康雄・地震津波監視課長は27日夜、同庁内で記者会見し、日本に津波が到達するとすれば28日午後1時以降になるとの見通しを明らかにした。到達2時間以上前に必要に応じ、津波警報・注意報を発表するという。
 また、気象庁は地震の規模(マグニチュード)を8.6と推定しているが、同課長は「現在のマグニチュードから単純に計算すると、大津波になるとは考えていない」と述べた。

南米チリでM8.8の地震、犠牲者 津波発生 ビル倒壊の情報
2月27日16時24分配信 CNN.co.jp
(CNN) 米地質調査所(USGS)は27日、南米チリで現地時間の同日午前3時34分ごろ、マグニチュード(M)8.3の地震があったと報告した。その後、M8.8と上方修正した。チリのバチェレ大統領は少なくとも11人が死亡したと発表した。
震源は、太平洋岸にある同国中部コンセプシオン市から北北東へ約115キロで、震源の深さは約35キロ。M6.2、5.4、6.9などの余震が続いた。コンセプシオンは首都サンティアゴから南西へ約341キロ離れている。同市はチリ第2の都市で人口は約20万人。地震の揺れはアルゼンチンの一部でも観測された。同国の首都ブエノスアイレスではビルから住民が避難する騒ぎも起きた。
詳しい物的被害の詳細は不明だが、サンティアゴでビルが倒壊したとの情報がある。就寝時間帯での地震発生だけに、死傷者の増加が懸念される。サンティアゴのホテル滞在客は、揺れを受け、窓ガラスが割れたと報告している。ビル本体に被害はなかったという。サンティアゴ、コンセプシオンなどで停電が発生した。首都では水道、電話網にも支障が出ている。
ハワイにある太平洋津波警戒センターがチリとペルーを対象に津波警報を発令した。注意報もエクアドル、コロンビア、パナマやコスタリカなどを対象に出された。同センターは最大で約2.7メートルの津波を観測したとも報告した。
USGSによると、チリでは1960年5月、M9.5の地震が発生、1655人が死亡している。カリブ海ハイチでは今年の1月12日、M7.0の地震が発生、20万人前後の犠牲者が出たとされる。

ナゾの深海魚、日本海沿岸に続々漂着
2月27日14時41分配信 読売新聞
深海魚リュウグウノツカイが今冬、富山、石川県などの日本海沿岸で相次いで見つかっている。
 全長が5メートルを超え、生態はほとんどわかっていない謎の多い魚。富山県魚津市の魚津水族館は、同県黒部市の海岸に漂着したものをホルマリン漬けにして展示している。
 富山県では昨年12月以降、定置網で捕獲されたり、海岸に漂着したりするなど4匹が見つかっている。石川県では昨年11月以降、十数匹が見つかり、京都や島根、長崎などでも発見されている。地元では、漁業関係者の間で話題となっている。
 魚津水族館は、これほど相次いで見つかったとの報告例はないといい、「海から陸への風が強い時期に漂着している。なぜ集中しているのか分からない」と首をかしげる。
 金沢市のNPO法人職員内藤善太さん(34)らは、試食に挑戦した。石川県羽咋市の千里浜海岸で見つけた体長約4メートルのものをソテーにして食べた。内藤さんは「脂の塊みたいな味でおいしくなかった」と話している。
 ◆リュウグウノツカイ=アカマンボウ目リュウグウノツカイ科の深海魚。体長は5メートル前後で、大きいものでは10メートルほどになるという。平たい体に長い腹びれと背びれがあり、水深200〜1000メートルに生息している。姿を現すと、「地震の前触れ」との言い伝えもある。