■■これらの地震災害による重要ワード➡
‖臘吐函
内陸直下型地震、
昭和時代にはなかったタイプの地震

■■ 詳しい記事・写真・説明画像は、以下のウェザーニュース社サイト(赤下線部分)をクリックしてください。

★以下ウェザーニュース社の記事です★
Copyright c Weathernews Inc. All Rights Reserved

2019年4月30日で「平成」が終わります。ウェザーニュースでは、平成30年間に起こった気象や災害などを、過去の資料などをもとに連日振り返っていきます。

平成史 昭和と平成 |録未糧羈
2019/03/30 11:37 ウェザーニュース

まもなく終わろうとしている「平成」時代。昭和の時代と比較して、地震災害による被害が大きくなりました。

特に被害の大きかった地震

平成における死者数ワースト5の地震は次の通りです。みなさんの記憶にも深く刻まれているであろう2つの地震が突出して多くなっています。

東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)
平成23年 死者22,252人

兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)
平成7年 死者6,437人

熊本地震
平成28年 死者272人

北海道南西沖地震
平成5年 死者230人

新潟県中越地震
平成16年 死者68人

東北地方太平洋沖地震と北海道南西沖地震は大津波、そのほかは内陸直下型地震による強烈な地震動が被害の主な原因でした。

昭和時代よりも多い地震死者数
.....続く

★続く記事詳細は、上のウェザーニュース社サイト(赤下線部分)をクリックしてください。★